PROFILE

谷口卓也

Taiko-ist TAKUYA (和太鼓奏者 谷口卓也)

1983年生まれ。福井県出身。ドイツ・ミュンヘン在住。3歳から和太鼓に深く興味を持ち、小学校低学年で和太鼓集団「天龍太鼓」に入会、作曲および演奏活動を始める。

1999年に「天龍太鼓」の指導者となり、2002年7月には「天龍太鼓」のメンバーと共に「ウィーン世界青少年音楽祭」に招聘されウィーン市特別大賞を受賞する。2003年、和太鼓の第一人者、林英哲の主宰する「英哲風雲の会」のプロオーディションに合格。「国際太鼓フェスティバルエクスタジア2003」に出演、プロデビューする。以降、林英哲とともに国内外の数多くのイベントに出演し、ソロとしても歌舞伎やヨーロピアンジャズ、津軽三味線、ピアニストなどジャンルを超えたコラボレーションを展開している。

2011年に渡独。現在はドイツの太鼓グループ「Drumaturgia」、そして「WPE(World Percussion Ensemble)」の中心的メンバーとして、世界的な演奏活動を行っている。プロ活動開始から訪れた国の数は22 *を超え、世界的に見ても希少なソロの太鼓奏者としてますます活動の幅を広げている。

2019年12月現在

*訪問諸国